スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

ありがとう先生。ありがとうクラスのみんな。

2011.07.20 *Wed
1003pochitto.jpg

↑高知ブログランキング。是非、今日も上の画像をポチッと押してくださいませ

******


みなさんこんばんは。

いろいろと書きたいことが溜まっているゆりっちです。

今日はキャンプのことを…と思っていたのですが、
なぜかうまく写真が取り込めないので
少しさかのぼって息子の期末懇談の話をしたいと思います。


まずもって、息子は良くも悪くも超真面目な正義感。
融通がきかなくて、難しい子だな~と感じる部分も多々あります。

1年生の時から担任の先生にはずーーーーーーっと
「精神年齢が実年齢よりかなり上ですね。」と言われ続けていますし

そんな性格のせいで、本人も時々辛くなるようです。

お医者さんにそう言われたわけでも
何かのデータとか根拠があるわけでもありませんが、

起立性調節障害の件も
そんな性格が影響しているのでは?と思ったりもします。


例えば学校で、みんなで整列して礼をしなければならない行事があったとして、
中学生なんてザワついてなかなかそうもいかなったりしますよね。

そういうのが許せないし、
学級委員だから責任も感じてしまう息子は みんなを注意します。


でも、素直に聞いてもらえることはほとんどないし、
みんなはそんな息子をウザがったり、
鼻で笑ったりしてあしらったりするわけです。


すると息子は やるべきことをやらない理由が理解できずに苛立ち、
バカにされたと傷つき、孤独感を感じてしまう。


そんな辛さを相談されることもありますが、

「普通の中学生はそんなもんやきね。
 みんなそれぞれ考え方は違うし、表現方法も違う。
 あなたと違っていることもあって当然よ。」と言う私の言葉を

「親にまで冷たくあしらわれた。」と受け取ってしまうこともあるようです。


もちろん あしらったつもりはないし、

『正しいことを押し通すことが 正しいとは限らない』

ということを どんなにうまく説明しようとしても、
そりゃあ理屈ではわかっても 大人だって心底納得するのは難しいものです。


ま、私なんか成人した後でも
同じようなことをずっと父・カオルちゃんに言われてたからね


なので結局は

「あなたが間違ってるわけじゃないし、あなたの気持ちはよく理解できる。
 そして私ら親はいつもあなたの味方だし、あなたを信頼し、心から愛している。」

的なところに話は行ってしまい、

息子としては わかったようなわからんような、
なんだか消化不良な感じになってしまうわけです。



前置きは長くなりましたが、そんな息子と三者面談方式の期末懇談のために
教室に入って 最初に担任の先生に言われたのが、


「君はすごくよく頑張ってくれてるけど、
 学校や先生の立場に立たなくていいんだからね。

 すごく真面目で責任感も強くて
 辛い思いもたくさんしていると思うけど、

 普通の生徒の立場で、
 時々失敗するくらいの感じでリラックスして毎日を過ごしていいし、
 その方がみんなと打ち解けて楽しくやれると思うよ。」



ということでした。


私は 学力のことやその他の何を置いても
まず最初に先生がそう言ってくれたことが

「あぁ、この先生は生徒をよく見て 理解してくれているんだな~。」って
すごく安心しましたし、

親がどうフォローしてもカバーできないところを
きちんとおさえてくれて、とても嬉しく、有難く思いました。


さらには「1学期に一番頑張っていた人は誰だと思いますか?」
というアンケートの結果で 息子が1番だったと話してくれて、

息子の表情がみるみる明るく、ほぐれていくのを目の当たりにできました。


「みんなちゃんとわかってるし、よく見てるからね。」という先生の言葉。

そんな懇談によって
彼の心のつかえはかなりスパーン!と取れたんだろうと思います。


そして後日、そのアンケートの回答をまとめたプリントが配られました。

1107hyouka.jpg

黄色く囲んであるのが 息子に対するみんなからの言葉。

すごく嬉しいです。ありがとう!


悩みながらも2学期の学級委員も引き受けたという息子、
これで頑張れそうやね!


今度のアンケートには
「ちょっと抜けてて面白い」とか「バカやってるけど憎めない」
なんて書かれちゃうくらいに、リラックスしてやっちゃえ~


そんな風に思っている私から、今日もアンケートのお願いです。

私も答えちゃお!なんて思っていただけたら有難いです


投票が増えたりするごとに、
あらためて皆さんに心の中で感謝のハグをしています!

本当にありがとうございます

良かったら皆さんも、過去の記憶でも 友達のお子さんのことでも
甥っ子・姪っ子ちゃんのことでも、お孫さんのことでもいいので是非教えてください

どうぞよろしくお願いします!


今日も皆さんに 大感謝! の、ゆりっちでした~


*****

ポチッと押して~♪
人気ブログランキング高知の部↑よかったら是非ポチッてくださいませ


1103facebookpage.jpg
チョーチ・チョーチ ベビーシューズFacebookページこちらです。


ゆりっち今日もつぶやいてます。
↑たぶん今日もつぶやいています。




↑ 【高知応援隊】ホームページ へ


チャオバンビーノへ
出産祝いにベビーシューズ・ファーストシューズを-Ciao bambino!
COMMENT (2)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

わかるぅ
ゆりっち^^おはようございます。
息子ちゃんの

気持ちが、よくわかります。そして、ゆりっちの
気持ちもわかります。

100人。人がいて、99人あなたのことが好きです。でも
1人は、あなたをきらいです。何故なら、99人から好かれてる、あなたを嫌いな人がいるからです。
全ての人から、好かれることは不可能と言う
のを、読んで心が軽くなったことがあります。
自分が苦しくない楽しい生き方を
身につけて、くらしたいですね^^
ゆりっち^^またねぇ~
2011/07/23(土) 09:10:55 | URL | きえ #- [Edit
>きえさん
きえさん、心のこもったコメントをありがとうございます!

息子にも伝えておきますね♪ありがとう☆
2011/07/23(土) 10:33:36 | URL | ゆりっち #icdQXHys [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © "あの"ゆりっちの土佐日記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
||| admin || NewEntry |||

プロフィール

ゆりっち

Author:ゆりっち
 土佐に生息する39歳2児の母。仕事に没頭しすぎて家族に迷惑かけまくり中。
 ネット上にあまりに同じHNが多すぎるんで、"あの"をつけてなんだかすごそうにしてみました(^-^)。




いろいろお勧め












ブログ内検索








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。