スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

愛情表現のススメ

2007.04.19 *Thu
ものすごく「自分の世界」の娘は置いといて、
息子の方は学校の先生に感心されることがとても多いです。

行動は普通に子どもらしくても、
心の中の落ち着きとか自信とか前向きさが強く感じられ、
積極的で建設的発言ができるお子さんで、とても頼りにしています。

などと言われます。

残念ながらあまり落ち着きがなく暴言・暴力もある
今時の小学校らしい教室では、ちょいと異彩を放つ存在らしいです。

↑親バカでごめんなさいm(_ _)m。

なんでかなと聞かれるので考えてみると、思い当たる節はひとつ。
ウチの家庭が愛情表現の鬼だからではないでしょうか?

はっきり言って、抱きしめるとか頬擦りをするとかちゅうをするとか、

「愛しちゅうよ。」
「大好きで。」
「なんでそんなにかわいいの?」
「朝起きて"今日もまた会えた"って思うと超幸せ♪」
「そんなキミを誇りに思うよ。」

などなどの言葉や態度による愛情表現はまあ、
1人に対して1日に軽く100回は超えています。

欧米かっ! という感じですね(^_^;)。


そういう態度は「なんとなく」ではなく、
実は私なりの理由があってそうしています。


子育ての中での「指導」とか「教育」とか「しつけ」などにおいて、
(※本当は上記の「」のような言葉は好きではないけど。)
親は"自分の価値観の中で正しいと思えるもの"を
提示したり与えたりするしかありません。

例えば友達に蹴られて泣いて帰ってきた時。

「お前は自己主張もできんのか。やられたらやりかえせ!」

と言う親もいれば

「自分で何とかできるなんて思っちゃダメ。
 現場が学校ならすぐ先生に言いなさい。」

と言う親もいる。

他に、一所懸命せがんで行き始めた習い事を辞めたいと言い出した時。

「一度始めた事を簡単に辞めるなんてダメだ。続けることに意味がある。」

という考えも一理あるし、

本当に自分に合うこと、やりたいことをみつけるプロセスであったなら
仕方ない、いつまでも縛り付けず、次のステップに進んで欲しい。

という考え方もあって、
その時の環境・状況と子どもの性質をみたうえで、
親の価値観の中で最善の指導をするしかないわけです。

そのことがどう受け止められてどう出力され、どういう結果になるか、
それが本当に正しくて良い結果になるのかはわからない。

もっとあっさり言うと、
間違えてる可能性や危険性を承知で子育てをするしかないんですね。

ならば100%自信を持って、一点の曇りもなく、何の躊躇もなく、
子どもに伝えられる間違いない真実は何か。



そう、「私があなたを愛している」という事実なのです。


こうなると、こっぱずかしがっている場合ではありません。
この事実だけはガンガンに伝えないと!となったわけです。


私にとっては単純にそれが理由・きっかけでしたが、
子育てだけでなく心理学の先生や本によれば
「受け入れられている」という安心感が全ての始まりで
そこから成長できるというものらしく、
うまくそこに繋がって行ったのかな~と思います。

そんなだと、ちゃんと叱ったり怒ったりしないのでは?
と思われるかもしれませんが、私は普通の鬼でもあるので(^_^;)
これはいかん!と思うと、ものすごい叱ります。

でもそれも、自分に自信ができているからか
ちゃんと聞いて理解するという態度で、
聞き流されたり全く改善されなかったりということは
ないように思います。


ちなみに子どもに対してだけでなく
夫婦間でも言葉や態度にバリバリ出してますし、

幸運にも?本当に大好きで尊敬するおばあちゃん(私のお姑さん)、
おじいちゃん、おじさん&おばさん(私ら夫婦の兄弟たち)のことも

「だーい好きながってね!」

と子どもの前で言い、褒め、
彼らと子どもはハグするのが当たり前な感じに持って行ってます。


んだもんで、冒頭で置いといた娘も家族に対する愛情の深さは抜群。
描く絵や文章もそういう気持ちの豊かさが出ているように思います。


逆に。 毒を吐きますよ。

私が自分が子どもの時から周りの子育ての様子を見ていて知る限りでは
日常的に子どもにバカアホ言う家庭、
旦那さんやお姑さんの悪口全開、さらには

「おばあちゃんムカつくでね。」とか

「お父さん(お母さん)、超うっとうしいと思わん?」なんて

子どもに同意を求めているような親。

こういう所では子どもが素直で前向きで行動的で明るい子に育つ可能性を
既にかなりの割合でそぎとってしまっていると思います。


うちの子は素晴らしいとか、私の子育ては正しいとか言いたいわけでなく、
まわりを検証したり統計的に見て、そして自分の体験から

愛情表現して損や失敗はないと思います。

慣れるとクセになるし、お互い気持ちが良いですよ♪

是非ぜひみーんなにお勧めします!
COMMENT (3)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

おぉぉぉw
深い!深いッス!!
全ての教育はここからなんですね!

ジンときました。確かに周りをみると、旦那や奥さんの悪口や愚痴を言う人があまりにも多い!
勉強になりました!
軽い本が書けそうな内容ですよ!
2007/04/19(木) 14:54:20 | URL | 三代目 若 #- [Edit
見習おう!
マジで見習おう!!

でも急に今日から

「そら、あいしてるでー!」
「うみ、だいすきやでー!」

って言い出したら、ひかれるかもね(^^ゞ
2007/04/20(金) 10:28:00 | URL | YO #- [Edit
>三代目 若さん
家庭ではそんな私でも、一歩外に出ると急に
「他人に厳しいゆりっち」になってしまいます。。。

若さんがまわりの方を褒めたり感謝の言葉をかけたりすることで
まわりの方々もはつらつと、モチベーションの上がっているさまを見て、
いつも反省したり尊敬したりしているんですよ~。

>YOさん
最初は引かれても、顔は「にへら~♪」ってなると思うし、
慣れてくると子どもたちからも
「おとうさん だいすきや~!」って言われるようになりますよ♪
是非ガンガンやってください(^-^)!
2007/04/21(土) 17:40:05 | URL | ゆりっち #icdQXHys [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © "あの"ゆりっちの土佐日記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
||| admin || NewEntry |||

プロフィール

ゆりっち

Author:ゆりっち
 土佐に生息する39歳2児の母。仕事に没頭しすぎて家族に迷惑かけまくり中。
 ネット上にあまりに同じHNが多すぎるんで、"あの"をつけてなんだかすごそうにしてみました(^-^)。




いろいろお勧め












ブログ内検索








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。