スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

娘よ、おめでとう。

2006.04.07 *Fri
今日は娘の入学式でした。

が、私は例の寝違い?神経痛?ヘルニア?の痛みのせいで前の晩一睡もできておらず、
当日も点滴を受けてから入学式へ行くという有様。
いまいちめでたい気分になれません。

会場の体育館に入っても娘はママ~ママ~と甘えっぱなし。
トイレだって個室までついて行かされます。
「あんた、こんなんで学校生活大丈夫?」と心配になってしまいました。

当然のごとく子どもは親と離れたところに座るのですが、
娘は寂しさと心細さをまぎらわすためなのか
ふてくされたような顔して態度もでかいでかい。

椅子の背もたれに頭を置いてふんぞりかえったり、
やや横向きにもたれて寝る姿勢になったり…。

写真を撮る時でせいぜいこんな感じです。

nyugakushiki.jpg

それでも式次第通りに進むんですが、
歓迎の歌や合奏をしてくれる2年生に対してなぜか指揮の先生はいないし、
(だから演奏もバラバラでまとまりがない!)
校長や教頭やPTCA会長やその他諸々挨拶する大人の話の面白くないこと。
テンポや間も悪いし、なにせ子どもに投げかけて受け止めるということをしないの!

「みなさんこんにちは!あれ、声が小さいぞ。もう一度元気に言ってみよう!こんにちは!」

ってあれですよ。あんなのが全然ないの。
話の内容も保護者に向かってしてる感が強かったり、
何せテンションの低い、一方的なトーク。

つまらなさそうなのがうちの娘だけでないのはそのせいじゃないのか?
一年生みーんな、もぞもぞごぞごぞしてたぞえ。

私の体調が悪いからいちゃもんつけたいモードってのもあるかもしれないけど、

「やっぱり学校 "ハズレ" なのかな…。」

としみじみ思ってしまいました。

私は痛みと寝不足によるだるさ、式への失望感、
鍵を持たずに先に帰った息子への心配から、
各教室に行っての話とか役員決めとか児童クラブ入会式とかを
旦那さんにまかせて早退してしまいましたが、

旦那さんも
「児童クラブの先生の方がこどもとの接し方がずっと上手やね。」
と言ってました。ワシもそう思う。

ああ、娘にもっと爽やかな気分で

「入学おめでとう!」と言ってあげたいのに。

これからの子ども2人の学校生活、旦那さんと見守りながら
最善の方法を考えていきます。
COMMENT (4)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

おめでとうございます
ゆりっちさん、お嬢様のご入学おめでとうございます。夫と二人で、ああ、こんなに大きくなったんだね~と写真に見入っています。

学校というのは本当にそれぞれ違って、難しいですよね。うちの子も転校先がよく言えばおおらか、悪く言うと旧体質で大雑把なので、国の指定する年の学習時間ギリギリの時間数しか組んでいないのではないか、というくらい4時間で返ってくる日が多いです。もう小6だというのに。本人は自習なんてしないから、これはせめて塾とまでは言わないまでも、基礎力の底上げに公文式とかに通わせないと本当にまずいのでは、と心配になります。
2006/04/08(土) 08:06:47 | URL | harumi #JJhYDVYw [Edit
ありがとうございます(^-^)
大きくなったといっても本当に小さい娘ですが、頑張って学校に通ってますよ~。

わたしゃ学力とかそういうものはさほど気にしてないのですが ( 気にしろよ。 ) 、「人間性を育む環境としてどうか」という意味で先生や児童、学校そのものの雰囲気がすっごく気になります。

素直で思いやりがあって、感受性や表現力が豊かで、人の話を聞ける ( きちんと受け止めて処理できる ) ようになる。

これって言葉であらわすほど簡単じゃないし、子どもの時期に過ごす環境にめちゃくちゃ影響されると思うんです。

もちろん親として、家族・家庭からできることは精一杯考えて実行しますが、成長していく過程で他の世界にも必ず出て行くわけですから、自分で切り開いて行く年齢になるまでの間、いかに良い環境にさりげなく導いてあげるか というのも永遠の課題のように思います。

あれ?私いつになく真面目じゃ~ん(*^-^*)♪
2006/04/12(水) 22:09:41 | URL | ゆりっち #icdQXHys [Edit
ゆりっちさん、お久しぶりです!
娘さんの入学、おめでとうございます♪ますます可愛くなっておられて・・・(^^)

小学校の雰囲気ですが、やはり校長先生の存在がかなりのウエイトを占めますね。トップの指導力とか学校に対する考え方で、学校の雰囲気が全く違ったものになってしまうようです。
うちの小学校も、校長先生が他の学校に転任になってしまいました。しゃべりは早口ではっきりしないけれど、1対1で話すととてもしっかりとご自分の考えを持っておられてましたし、校内の草刈も率先して行って下さっていたり、スポーツ少年団にもご理解をいただいていました。
で、今度転任してきた校長先生・・・朝、通学路にすら立っていないとか(-_-;)
役員任期が終わったので、未だ対面してないんですが・・・先が思いやられる今日この頃。
また学級崩壊なんてことにならなきゃいいんですけど(>_<)
2006/04/14(金) 14:19:15 | URL | ミニミカハハ #v3zHn1OQ [Edit
学級崩壊
うちの息子も1年生になるなり学級崩壊で
(参観日に見に行くと、落ち着きのなさはサル山級なんです!)
ものすごく驚きました。
今年は息子も娘もそんなクラスに当たらないよう願うばかりです。
2006/04/15(土) 15:26:35 | URL | ゆりっち #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © "あの"ゆりっちの土佐日記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
||| admin || NewEntry |||

プロフィール

ゆりっち

Author:ゆりっち
 土佐に生息する39歳2児の母。仕事に没頭しすぎて家族に迷惑かけまくり中。
 ネット上にあまりに同じHNが多すぎるんで、"あの"をつけてなんだかすごそうにしてみました(^-^)。




いろいろお勧め












ブログ内検索








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。